日野 コンテッサ – 伯爵夫人にお似合いのドレスはどれ?

今日では商用トラックやバスの大手メーカーである日野自動車ですが、かつては乗用車を手掛けていました。それがイタリア語で「伯爵夫人」を意味する「コンテッサ」でした。

スポンサーリンク

コンテッサとは?

日野がかつて製造・販売していた唯一の小型乗用車のコンテッサ。いったいどんなクルマだったのでしょうか?

フランスのルノーが先生だった

日本の自動車産業は第2次世界大戦前から存在していましたが、敗戦によってリセットされます。戦後に再スタートを切るにあたっては、自力開発にこだわったトヨタを除いては海外メーカーから技術協力を得ることで力をつける戦略をとりました。

日野はフランスのルノーと提携し、ルノー・4CVという小型乗用車のノックダウン生産からスタートします。ノックダウン生産とは、海外メーカーが開発した製品を部品の状態で輸入し、国内で組み立てることです。そして生産技術を学びながら徐々に部品の国産化を進め、最終的には純国産化するというのがいわば「卒業」にあたります。

写真の日野・ルノーは現存するオリジナルモデルで、家族代々乗り継いできたものだそうです(撮影は2017年)。ファミリーヒストリーが詰まった唯一無二の貴重な一台です。

日野・ルノー 斜め前から
1959年式の日野・ルノー
日野・ルノー フロント部分
クラシカルなフロントマスク
日野・ルノー リア
リアにエンジンを搭載しています

初代コンテッサ(コンテッサ900)の誕生

日野・ルノーの生産で得られたノウハウをもとに初めて自社開発した乗用車が「コンテッサ900」です。日野・ルノーと同じリアエンジン・リアドライブのレイアウトですが、日野・ルノーがVWビートルとよく似た2ボックススタイルなのに対して、3ボックスセダンの形をしています。

クラシカルな日野・ルノーにくらべてグッとモダンな印象になりました。

コンテッサ900
日野・ルノーとくらべてモダンになりました
コンテッサ900 後ろから
テールフィンが特徴的なリア
コンテッサ900 エアインテーク
エンジン冷却のためのエア・インテーク

本当の伯爵夫人に脱皮

車名の「コンテッサ」はイタリア語で「伯爵夫人」。日野としては上品で優雅なクルマを目指したはずなのですが、初代コンテッサではボディサイドにエア・インテークがついていたりアメ車ふうのテールフィンがあったりと、いまひとつ垢ぬけない印象でした。さしずめ「田舎から出てきたばかりのお嬢さん」といったところでしょうか。

そんなお嬢さんが本当の伯爵夫人に脱皮した、と言えるのが2代目コンテッサ(コンテッサ1300)です。

まずは初代のややずんぐりした愛嬌のあるスタイルからスレンダーで伸びやかなイメージに大変身。

コンテッサ1300 横から
伸びやかなスタイルに変身

リアエンジン車特有のグリルレスなフロントマスクは初代と同じですが、2灯になったライトとその周囲をめぐるシルバーの装飾によって大きく印象が変わりました。お化粧上手になったかのようです。

コンテッサ1300 フロントマスク
伯爵夫人にふさわしい顔立ちに

初代に見られたテールフィンとサイドのエア・インテークがなくなってスッキリ、スマートになったリア。

コンテッサ1300 リアサイド
スマートになったリア
コンテッサ1300 リア
リアのグリルはRR車の宿命

巨匠、ミケロッティがデザイン

こんなにも大変身を遂げたコンテッサ、実はそれもそのはず。日野はイタリアの著名なカーデザイナー、ジョバンニ・ミケロッティにデザインを依頼したのです。

もっともミケロッティとの協業はエア・インテークのデザインを巡ってすったもんだがあったようです。最終的には日野側の開発努力によってサイドのエア・インテークを廃し、リアのグリルからの吸気のみで十分なエンジン冷却性能を確保することで一件落着となりました。

スポンサーリンク

データ(コンテッサ1300)

  • 販売期間:1964年~1967年
  • エンジン:直列4気筒 1,251cc
  • ホイールベース:2,280mm
  • 全長:4,150mm
  • 全幅:1,530mm
  • 全高:1,340/1,390mm
  • 車重:945/940kg

管理人のつぶやき

今日では電気自動車(EV)にフロントグリルレスを見るようになりましたが、グリルはクルマの表情を作るうえで非常に重要な要素だと思っているので、コンテッサのグリルレスマスクは無表情な感じがしてあまり好きではありませんでした。

しかし、見慣れてくるとこれはこれでなかなか良いのではないかと思えるようになりました。伯爵夫人たるもの、表情はむしろ控えめであることが嗜みなのだな、と妙に納得しています。

フォトギャラリー

コンテッサ1300 黒
フォーマルな黒いドレス
コンテッサ1300 黒 正面
舞踏会の伯爵夫人というイメージ
コンテッサ1300 黒 エンジンルーム
エンジンルーム内も綺麗にしています
コンテッサ1300 レーシングスーツ
レーシングスーツを纏う伯爵夫人
コンテッサ1300 レーシングスーツ
意外な一面を覗いたかのようです
コンテッサ1300 ブルー
カジュアルなお召し物もお似合いです
コンテッサ1300 ブルー
足元は黒で引き締めてみました
コンテッサ1300 マルーン
午後のお茶はこんなドレスで
コンテッサ1300 マルーン
コンテッサ1300 マルーン
「gm」と読めるバッジはミケロッティの印
コンテッサ1300 モスグリーン
モスグリーンも素敵です
コンテッサ1300 モスグリーン
コンテッサ1300 モスグリーン リア
リアデッキが伸びやかです
タイトルとURLをコピーしました